ヘッダーロゴ

お問い合わせ
「食」の国際化
成功の鍵は
情報つながり

海外展開企業多数!
「食」の国際化に特化したプラットフォームです。
設立以来培った信頼のネットワークで国際化を支援します。

リーディング企業も会員

企業ロゴ1
企業ロゴ2
企業ロゴ3
企業ロゴ4
企業ロゴ5
企業ロゴ1
企業ロゴ2
企業ロゴ3
企業ロゴ4
企業ロゴ5

"情報""つながり"で戦略は変わる
国際化特化の環境とネットワークを
会員のあなたに

縮小傾向の日本の市場の一方、世界の市場は拡大傾向にあり「国際化」は我々が取るべき戦略の一つ。 必要な”情報”と"つながり"が不足していることが国際化の妨げになっている企業も多いのでは? 当協会は設立以来「食」の国際化を支援する上で課題を解決し、「食」に未来を感じる会員企業と共に国際化を推進しております。当会員の環境とネットワークを活用し国際化を進めていきましょう。

Service

会員が得られるサービス

  • Service 01

    海外展開企業からの情報提供と
    交流の場

  • Service 02

    国際化へのお悩みを解決してくれる専門家とのネットワーク

  • Service 03

    オンラインセミナー・勉強会を通した専門的な学び

  • Service 04

    ローカルの現状を捉えた海外の
    最新情報

※会員グレードにより受けれるサービスが異なります。

Voice

会員企業の声

  • 会員1

    飲食業/食品開発/食品輸出

    アセットフロンティア
    株式会社様

    当社はハラルラーメンで日本一を獲得した “帆のる”の即席麺を始め、和食のハラル食品を輸出しております。なかでも即席麺は海外拠点も持つ会員企業にもご協力を頂き、大人気商品となりました。会員間のつながりが輸出の成功に繋がり、このご縁に大変感謝しております。
  • 会員2

    飲食業/EC販売

    有限会社
    きりしま産業様

    弊社は、兵庫県加古川市でとんかつ専門店の運営とEC販売をしています。お店では女性目線でヘルシーさを盛り込んだとんかつが人気商品となっています。将来的に海外への流通・出店も考えており、既に会員の支援や旬の情報の提供などにより、準備を着々と進めています。
  • 会員3

    サービス業/宿泊施設運営ー

    株式会社 勝浦
    ホテル三日月様

    弊社がベトナム・ダナンに、日系企業過去最大の大型投資となる大型リゾートコンプレックスを開業するにあたり、日本文化の代表である和食レストランを会員企業からご紹介頂き、ベトナム初アジア最大級(1㌶)のドーム型温泉施設の魅力作りにお力添え頂きました。
  • 会員4

    飲食業/EC販売

    株式会社 天高く様

    当社は、富山ブラックラーメンいろはを運営しています。ラーメンは国内外で人気がありますが、海外では多様性対応が障害となり出店の妨げになっていました。しかし会員企業の中で、多様性対応専門で流通も引き受けてくださる企業があり、一気に問題が解決しました。
  • 会員5

    人材サービス業

    株式会社
    Japan Food Consulting 様

    弊社は、和食料理人向けの海外求人サイトwashokujobを運営し、海外の日本食店に日本人スタッフの斡旋をしています。求人ニーズは増加している一方、基礎知識不足で現地とのニーズにマッチできないケースもあり、その解消策を協会と連動して取り組むことを考えています。
  • 会員6

    飲食業/ドローン無人航空機事業/
    不動産業/印刷製本業

    株式会社 ザクロス様

    弊社は都内に飲食店を4店舗、海外はインドネシアに2店舗、フィリピンに4店舗、マレーシアに1店舗運営しております。海外での事業は、100%ローカルを意識しフィリピンでは飲食店の他にコインランドリーを運営しております。サービス業は一番近くでローカルの人たちと触れあうことができる場でローカルの人たちから新しいビジネスに繋がるヒントを多く得ています。
累計100回以上

Achievement

活動実績

  • セミナー

    セミナーイメージ 30回以上開催
  • 交流会

    交流会イメージ 25回以上開催
  • 海外視察

    海外視察イメージ 14回
  • 経営塾

    経営塾イメージ 23回
  • 総会・記念講演

    総会・記念講演イメージ 14回

Support Service

充実した支援サービス

  • 01.

    専門家が国際化のお悩みを解決

    本協会が持つ多種多様な企業様との繋がりから、会員の皆様がお悩みを解決できるよう専門家からの意見を頂ける環境をご提供します。

    支援サービス1イメージ
  • 02.

    オンラインセミナー無料

    アーカイブもサービス開始

    様々な業界の有益な情報が得られる有料のオンラインセミナーや勉強会は全て無料でかつ何度でも見れる環境を提供します。皆様のビジネスにご活用ください。

    支援サービス2イメージ
  • 03.

    企業と企業をつなぐ、
    会員企業紹介

    会員の皆様のビジネスを発展させていく手助けになるよう、会報誌や協会イベント、動画にて事業のPRを行う場を提供致します。

    支援サービス3イメージ
  • 04.

    信頼のネットワークで人材をご紹介

    各方面の専門家とのネットワークを活用し会員の皆様がビジネスを成長させるきっかけとなる人材紹介サービスをご提供します

    支援サービス4イメージ
    Coming
    Soon...
  • 05.

    協会が事業を後押し。
    独自認定制度の導入

    協会が設立以来蓄積してきたノウハウを活用し、海外展開をする上で必要となる基礎知識の認定制度を計画しております。

    支援サービス5イメージ
    Coming
    Soon...

New service

こんなサービスもあります

新!お得なトライアル会員サービス開始!

より手軽に協会活動を知っていただけるよう2021年から新しい施策として、「オンラインセミナー会員」制度を開始。オンラインセミナーを通じて協会活動を体験頂けるお得なトライアル会員を是非ご活用ください。

  • アイコン1
    01.
    年会費はわずか1万円 月額1,000円以下で協会制度を体験
  • アイコン2
    02.
    オンラインセミナー無料 アーカイブもサービス開始
  • アイコン3
    03.
    最新の協会の動向や情報を ”会報誌”にて毎月お届け
※継続可能年数は2年間となります。
(2022年まで受付可能)
会員タイプ オンライン
セミナー会員
個人会員 法人会員
入会金 ¥0 ¥0 ¥0
年会費

¥10,000

本年度のみ適用
次年度は個人会員又は法人会員に移行

¥30,000

本年度のみ適用
次年度は入会金¥30,000
年会費¥24,000

年間売上高により変動

¥1億未満¥36,000 ¥1億〜¥10億未満¥60,000 ¥10億〜¥100億未満¥96,000 ¥100億〜¥500億未満¥144,000 ¥500億以上¥240,000
海外最新
情報提供
人材ネット
ワーク活用
セミナー
参加無料
個別対応

まずはお試しください
協会活動を手軽に体験できる
新制度開始!

Question

よくあるご質問

  • Q企業とのつながりや人脈が作れますか?

    Aもちろん作れます。
    協会では、会員同士はもとより、連携先も含め、つながりや人脈つくりを促進するプラットフォームつくりに力を入れております。

  • Qどんな企業、団体が参加していますか?

    Aはい。作れます。
    海外に進出している外食大手やリーディングカンパニー、海外展開をしています日系流通、飲料・食品・厨房機・素材メーカー、SNS関連、会計・法律事務所、それから政府機関との連携も積極的に実施しています。企業紹介や個別相談、交流会を通して企業間が連携できるサービスを提供しております。

  • Qこれからの国際化を視野に入れて活動したいのですが参加できますか?

    A当協会は国際化を目指す組織ですのでもちろん参加できます。海外展開をしている会員も多数在籍していますので、経験をもとにしたアドバイスや実務面でのフォローアップもできます。

  • Q飲食業ではありませんが、参加できますか?

    A日本の食に未来を感じ、連携を希望されている企業が業界の垣根なく会員として参加していますので、飲食業でなくても参加することが出来ます。当協会では会員間の連携を強化していますので、ご希望がありましたら、御社の希望をお伺いしながら連携の支援もいたします。 

  • Q日本食に関する国際化以外の情報も得られますか?

    Aはい。作れます。
    現在の国内市場のトレンド、会員企業の動向、政府機関の情報などを公式サイト、SNS、会報誌などの協会の広報媒体を活用して幅広く提供をしています。

Message

最後にみなさまへ

理事長の画像

一般財団法人
アジアフードビジネス協会

理事長渡辺幹夫

<略歴>
(株)グローイング・シーズ 代表取締役社長
元ジェトロ新輸出大国エキスパート
元カルフール・ジャパン執行役店長
元イオン(株)海外事業本部米国合弁事業

2012年に設立された当協会も、時代の変化、会員企業のニーズの多様化に対応して、その活動内容を変化させて参りました。設立当初は、飲食店の海外展開をサポートするアウトバウンド活動が中心でしたが、訪日外国人の増加という変化に対応し、インバウンド需要を如何に取り込み、その対応力を磨く事が、次なる海外展開の準備になる事を願い、会員企業と共に歩んで参りました。

アフターコロナを見据えた今、私たちがなすべき事は、コロナ禍で大きく変化したこれまでの常識や成功モデルに囚われず、ビジネスの原点を客観的に分析し、時代のトレンドや競合他社の状況を把握したうえで、自社資産の活用方法を見直す絶好のチャンスと捉え、次なる一歩を踏み出すことではないでしょうか?

この見直す際のポイントは、「変えるべきもの」と「変えてはならないもの」を明確にする事です。 「変えるべきもの」は、これまでのリアルでは制限があった「時間」「移動」「コスト」が、デジタル技術の活用でそのハードルが劇的に低くなった事をベースに、これまでのやり方を一から見直す事です。 Zoomに代表されるようなコミュニケーションのあり方の変化や、デリバリーとキャッシュレスがもたらした新たな食の選択肢の拡大で、居ながらにして美味しい食事を楽しく事ができるようになりました。  一方、「変えてはならないもの」は、其々の企業を支えている企業理念であったり、社長の強い思いを表現した「ミッション・ステイトメント」ではないでしょうか。

当協会においても、強化ポイントとしている “IT化の推進”の一環として、本年より「オンラインセミナー」を開催、開催場所のハードルを下げることにより、国内外から多くの方々にご参加いただきま大変喜ばれております。 このように、協会活動を幅広い方々に、容易に伝えるツールを持つ事で、協会のミッションである 『日本食を通じて、アジア各国のフードビジネス界の国際交流を促進し、食文化の発展、人々の健康と幸せな社会づくりに貢献する事』を実現するのに、確実に近づきました。 これからも協会活動の柱である「国内外で活躍している事業者からの情報発信とネットワークの構築」や「会員同士や政府系海外支援機関との連携強化」等の強みに更なる磨きをかけて参ります。

私ども協会は、「食」に携わっている会員企業ばかりでなく、食に可能性を感じている様々な業界の方々が集い、共に学び、これからの時代に適応したビジネスの拡大を目指す場(プラットフォーム)として皆様のご支援をしてまいります。共に新しい時代を作り上げてまいりましょう。皆様のご参加をお待ちしております。